海洋科

海を科学するエキスパートを育てます。

●1年次は同じ科目を学習し、栽培・食品・工学など幅広く学習して自分の適性や進路を考えます。2、3年次では、進路希望に応じて豊富な選択科目群から選んで学習します。
●食品製造、小型船舶操縦、ものづくりなどの体験的な学習や栽培・分析の実験・実習などの探究的な学習を推進します。
●幅広い検定資格取得に挑戦し、就職や進学に役立てます。
●「専門学科総合選択制」等の導入により、英・数・国の学力向上をはかり、国公立大学への進学希望にも対応します。
●地域の行事への参加・海岸クリーンアップ活動など、地域に貢献する学習を推進します。

 ◆ 海洋科ホームページへ → クリック

 

 

※教育課程 → クリック

※おもな進路先 → クリック

※学校パンフレットより → クリック

※特色ある科目(進路希望に合わせて2・3年次に選択します)

◆資源増殖

サクラマス資源の増加を目指し、飼育に挑戦しています。また、環境保全推進のためにアマモやテングサなどの海洋植物を育て、地元の海に戻しています。

◆食品管理

食品の分析等を通して、色・香り・味など品質の良い食品づくりを目指しています。また、微生物や食中毒についての基礎・基本を学び、健康管理や食の安全についても取り組んでいます。

◆船用機関

船のエンジンや各種機械の原理・構造・運転・取り扱い等の基礎を学びます。また、エネルギーの有効活用(エコ運転)につての知識や技術も学びます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA kaiyou08 kaiyou6 kaiyou07
kaiyou5 kaiyou1 kaiyou4 kaiyou09

 

※取得・受検できる資格

二級小型船舶操縦士
栽培漁業技術検定
潜水士(厚生労働省)
Cカード(潜水資格)
二級ボイラー技士
冷凍機械責任者
HACCP 基本技能検定
食品技能検定
エンジン技術検定
小型ボイラー取得者
乙種1~6類危険物取扱者
簿記検定
情報処理検定        など
kadumino

 

※おもな年間行事

4月 滑川ホタルイカ祭り販売実習
5月 日本海開き、 サクラマス放流、 ホタルイカ定置網実習
ホタルイカ郷土料理教室
6月 サクラマス成魚水揚げ、 北陸漕艇大会、 仁川海洋科学高校との国際交流
7月 ふるさと龍宮まつり販売実習、インターンシップ
8月
9月 ビーチクリーンアップ活動
10月
11月 サケ・マス採卵実習
12月 魚津水族館実習、 校内即売会
1月
2月 海洋クラブ総会、 課題研究発表会
3月

◆今年度のおもな活動

2019/05/07(火) 日本海開き
2019/06/10(月) 仁川海洋科学高校との国際交流

→詳細はここ。(pdfファイル

 

※おもな実績(過去5ヶ年)

◇全国高校水産・海洋系産業教育体験発表大会

H27 地区優秀賞
H28 地区優秀賞
H29 全国奨励賞
H30 全国奨励賞
R01 地区優秀賞

 ◇全国水産・海洋高校生徒研究発表大会

H26 全国奨励賞
H27 全国最優秀賞
H28 全国優秀賞
H29 全国奨励賞
H30 全国優秀賞

◇海洋科・海洋クラブの受賞した活動と受賞歴 (主催者)

H28 環境美化活動  (環境大臣)
H28 海岸クリーンアップ活動 (滑川ロータリークラブ)
H28 サクラマスの研究 (富山県教育委員会)
H29 とやま環境賞 (富山・水・文化の財団)
H30 学校給食における食育の推進 (滑川市)

 

※先輩からのメッセージ

1年生での実習を終え、2年生からは自分にあった実習を選択します。「食品製造」ではパンや肉まん、魚類の缶詰等を実際につくる学習、「資源増殖」ではサクラマスの育成と研究、「船用機関」では、エンジンの仕組みや小型実習船の運転方法等を学びます。身体を動かしながら学ぶことがほとんどなので、とても楽しいです。

 


◆H30 11月7日(水)滑川高校が第31回大谷科学賞を受賞!!

 本校薬業科では、平成25年度より、北陸大学薬学部と共同でマイクロカプセルを作る研究を行っています。このカプセルは、骨や歯の主成分であるリン酸カルシウムからできているもので、生体親和性が高く、薬の容器としてたいへんふさわしいものです。

 同じく平成25年度より、薬業科・海洋科の共同研究が始まり、アスタキサンチンを用いたオリジナル餌を海洋科のサクラマス飼育に利用する研究に取り組んできました。

 これらの研究が県より評価され、今年度、「大谷科学賞」を受賞することができました。11月7日、富山県庁にて表彰式が行われました。

※大谷科学賞は、昭和62年に大谷製鉄株式会社からの寄付金を以て設立し、次代を担う青少年の創造性豊かな人間形成を図ることを目的に、富山県発明協会が県補助事業として実施しています。

 

 

 


◆ H30 6月22日(金) 植林活動を行いました。

「海の環境保全は森林から」
本校の海洋科1学年40名、3学年25名が、魚津市の片貝山の森キャンプ場にて植林実習を行いました。森林がつくった栄養分は、河川や地下水などを通じて海へ運ばれます。森を育て、富山湾を豊かな漁場にしようと、地域の方々とともに毎年この活動を行っています。

海洋科では、「クリーンアップ活動」での海岸・海底のゴミ清掃など、海洋環境の保全に毎年取り組んでいます。今年の3月には、BBT富山テレビ放送から、「とやま環境賞」を受賞しています。

 


◆ H30 6月11日(月)仁川海洋科学高校が来校、交流会で友好を深めました。

本校と姉妹校である韓国の仁川海洋科学高校から、教師・生徒合わせて69名が来校しました。
本校海洋科の生徒たちと施設見学や学習交流などを行い、友好を深めました。

 


◆H28 10月26日(土) 海洋生物部・薬学部の研究が最優秀賞!!

kagakutennh28 第75回富山県科学展覧会(第60回日本学生科学賞富山県審査会)にて、海洋生物部・薬学部の課題研究が、高校の部でともに最優秀賞を受賞しました。

・海洋生物部:Hybrid飼育法Ⅱ! 外部環境と性差の考察-サクラマスの明日9- (松林麗奈ほか5名)
・薬学部:マイクロカプセルに薬を封入しよう! (佐々木琉斗ほか4名)

 


◆H28 4月29日(土) ホタルイカ祭りに参加しました。

この時期、海洋科では「日本海開き」「サクラマス放流」「定置網体験実習」など、さまざまな行事や実習が計画・実施されています。

このイベントでは、本校の生徒たちも「実習製品の販売」や「ちびっ子カヌー体験」などで参加協力し、会場を盛り上げました。

H28hotaruika_3 H28hotaruika_1 H28hotaruika_2


◆H28 4月10日(日) 富山環境大臣会合開催記念シンポジウム(G7関連イベント)で、海洋科の活動が表彰されました。

 滑川高校近くの高月海岸で行っている藻場再生や、植林活動、漂着物調査、海岸クリーンアップ活動、海底ゴミ回収活動を継続的に実施していることが評価され、「環境とやま県民会議 会長賞」を受賞しました。

G7symposium01 G7symposium02

 


◆ H27 12月11日(金) 全国水産海洋高校生徒研究発表大会 初の最優秀賞!

12月11日、全国水産海洋高校生研究発表大会が福井県で行われました。大会は福井県で行われ、全国の代表校と開催校の計8校が出場しました。その中で、本校海洋科の研究「夢の高校産サクラマス ハイブリッド飼育法の挑戦」が最優秀賞ならびに文部科学大臣奨励賞、水産庁長官賞を受賞しました。本大会での最高賞受賞は富山県では初めての快挙となります。

全国水産海洋高校生徒研究発表大会 発表風景 全国水産海洋高校生徒研究発表大会 賞状受賞


◆ H27 10月25日(日) 第35回全国豊かな海づくり大会が行われました。

10月25日、第35回全国豊かな海づくり大会が海王丸パークで行われました。本校の生徒たちはヒラメとキジハタの稚魚を天皇、皇后両陛下に手渡す大役を任せられ、両陛下の手によって稚魚が放流されました。同校で学習している栽培漁業の内容を詳しく説明したところ、両陛下から生徒たちへの励ましのメッセージを頂きました。

開催日 平成27年10月25日(日)
開催場所 式場行事会場:高周波文化ホール
海上歓迎・放流行事会場:海王丸パーク
行事概要 式典行事
資源管理や漁場保全などに功績のあった団体の表彰、最優秀作文の発表。漁業後継者の決意表明や大会決議海上歓迎・放流行事
稚魚の放流や漁船等の海上パレード関連行事
大会を記念した絵画・書道コンクール優秀作品の展示、富山県の水産業や環境保全の取り組みの紹介、農林水産物や加工品の紹介、販売、大会関係者等を招待したレセプション

 


◆H27 5月1日(金) 恒例の「日本海開き」でした。

水産高校、海洋高校から続く伝統行事。
気温の高い日でしたが、まだ冷たい日本海。円陣を組んで、元気よく泳ぎました。 

実施場所:滑川高校艇庫および高月海岸  13:00~

日本海開き風景1 日本海開き風景2


◆H27 4月30日(木)  サクラマス稚魚の放流がおこなわれました。

  卵からふ化させて、大切に育てた稚魚を放流しました。成長して2年後に戻ってくる予定です。

放流場所:上市川(上市町北島)  放流尾数:2,200尾
本校職員および海洋科の生徒9名が参加

サクラマス稚魚風景1 サクラマス稚魚2