薬業科

先進技術を学び、薬のエキスパートを育てます。

●製薬・薬理・分析の3領域を幅広く学び、薬に関する総合的な技術・技能の習得を図ります。
●実験・実習を重視するとともに、大学の薬学部や研究機関と連携し、学ぶ意欲を高めます。
●卒業と同時に「毒物劇物取扱責任者」の資格を取得できるカリキュラムになっています。また、他のいろいろな資格・検定取得に挑戦し、就職や進学に役立てます。
●「専門学科総合選択制」等の導入により、英・数・国の学力向上をはかり、国公立大学への進学希望にも対応します。

※教育課程 → クリック
※おもな進路先 → クリック
※学校パンフレットより → クリック

 

※徹底した個人実習

◆バイオテクノロジー実習

微生物の培養、DNAの抽出、PCRによる遺伝子の比較など、遺伝子の操作について学びます。

◆機器分析実習

高度な分析機器を使って、薬に含まれる成分とその割合を調べます。また、薬の原料となる原薬の純度や水の不純物を調べ、薬としての適否の確認をします。

◆調剤・製剤実習

原薬を動植物から取り出したり、有機合成を行ったりしています。錠剤や軟膏をつくり、できあがりの確認をします。

p_baio
バイオ実習 製剤実習 分析実習
※おもな行事

・エキスパート支援事業(薬事研究所)
・きらめきエンジニア事業
・外部講師による授業
・企業、工場見学
・とやま科学オリンピック出場
・ミラクルな未来 つくるコンテスト(ミラコン)参加(H26:奨励賞、H27:最優秀賞、H29:最優秀賞)
・高校生ものづくりコンテスト参加(化学分析部門 H28:全国大会出場、H29:北信越大会2位)

 

※取得できる資格
・危険物取扱者/丙種、乙種1~6種、甲種
・P検(パソコン検定)/準2級,3級,4級
・全工協会リスニング英語検定/1,2,3級
・全工協会計算技術検定/2,3級
・品質管理検定
・初級バイオ技術者認定試験
・毒劇物取扱責任者
・登録販売者

 

※先輩からのメッセージ

薬業科では、薬についての知識だけでなく、実際に実験をおこなって社会で役立つ学習もできることがとても良かったです。また、部活動も盛んな学校で、文武両道を目指しています。先生方も進路についてサポートしてくださるので、自分の夢をあきらめず頑張ることができます。

 

 

◆H30年1月26日(金) ミラコン2018 最優秀賞受賞!

ミラコン2018最優秀賞

ショーケースの医薬品入れ替えを行いました うつくしるくの販売を行っています SBP交流フェアで発表してきました